×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HDDのデーターを守るには

HDD破損、HDDのデーター損失、HDDのデーター消去、個人情報流出について

コンピューターウイルスの不正プログラムの被害とは、ファイルの作成、レジストリの変更などユーザーが意図しない動作をコンピュータ上で行うことを表します。これらは個人情報流出HDDの破損、HDDのデーター損失、HDDのデーター消去など知らないうちに起こる重大な被害のリスクがあります。ファイル共有ソフトの使用は必ず自己責任でお願いします。

HDDが壊れる前にバックアップを取得する

HDD自体の壊れやすい時期などがあり、それを見計らい時間を掛けてバックアップする事により、大損失を避ける手法が有効です。SMART機能は故障してから警告を出しますので、既に手遅れな場合も多く、有効な手段ではありません。

バックアップ(複製物)を取得するには、コピーを行う事だけです。
しかし、問題となるのはコピー元の「場所」だと思います。
以下の場所にファイルがありますので、別のHDDなどにコピーを行います。

メー カ製PCには、ドライブがC・Dなどに分かれ、如何にも2台搭載されている雰囲気がありますが、これは大きな間違いで1台しか搭載されていません。 パーティションにより、2つに区切られているだけですので、Dにバックアップを取ったとしても、物理障害の場合はデータが消失してしまいます。必ず別の HDDなどにバックアップする必要があります。
HDDコピー元の場所

システムドライブ(Windowsが存在するドライブ)をCとします。
上がWindows2000/XP、中がWindows Vista、下がWindows95/98/98SE/Meとなってます。
*どうやらVistaは従来のXPのデータ保存場所から変わるようです。
1,MyDocuments関連
Cドライブ⇒Documents and Settings⇒(ユーザ名)⇒MyDocuments
Cドライブ⇒Users⇒(ユーザ名)⇒MyDocuments,Picture等(フォルダが分かれています)
Cドライブ⇒MyDocuments

2,デスクトップに存在するファイル
Cドライブ⇒Documents and Settings⇒(ユーザ名)⇒Desktop
Cドライブ⇒Users⇒(ユーザ名)⇒Desktop
Cドライブ⇒Windows⇒デスクトップ

3,Outlook Express メールデータ / Outlook データ
実際の場所は分かり難いため、検索を使います。
この他に、エクスポートなどを利用する方法もあります。
全種類共通で、Cドライブ全体を以下の単語で検索します。
ヒットしたファイルのコピーを取得します。
同じファイル名が競合する場合は、フォルダを分けてコピー。
*.dbx *.pst

HDDが壊れやすい状況になる原因





当サイトは、決して違法行為を助長、奨励する為のものではありません。
ファイル共有ソフトを利用される方は法律を守り正しくご使用して下さい。
くれぐれも、著作権等には十分注意してください

なお、リンクフリーです。ご自由にリンクしてください。


Winny Winmx BitComet Share Soulseek Cabos